サウナスーツのダイエット効果ってどう?

汗をかくことがダイエットのすべてではないですがデスクワークや普段冷房や暖房のきいた部屋にいて汗をあまりかかない人等はサウナに入ることで汗をかくなどのメリットはあるでしょう。毛穴につまった老廃物を汗により出すことが出来デトックス効果などが期待できる。なにかにたよるダイエット方法ではなく自信の努力で痩せる方法の一つとされるが実際効果ってどうなんでしょ?をさぐっていくのと、おすすめのサウナスーツを紹介していきます。

おすすめの協栄ジムサウナスーツ 口コミ

サウナスーツ専門店でも人気の商品ですが協栄ジムのサウナスーツはおすすめ。現役プロボクサーも愛用している発汗量がはんぱないと騒がれるサウナスーツです。口コミで評判の点は発汗量もさることながらその使いやすさ。たっぷりと汗をかいた後、フラフラ、疲れた―という時にこのサウナスーツを着たままシャワーを浴びれるなど考えられた作り。

人気のセットとしてはこのサウナスーツと、協栄ジムのサウナスーツインナー。それにドリンクホルダーの3つで水分補給もばっちり。というセット。

大量に汗をかきますが、サウナスーツには特殊加工がされている為、生地が汗を吸いこむことは無く衛生的。機密性がしっかりしていて発汗させるためにつくられたプロ御用達のサウナスーツですね。

他にもアディダスや人気のサウナスーツが取りそろえられているサウナスーツドットネットというサイトがあるのでサウナスーツが欲しい人はここで買うと良いかと思います。

汗をかかないと熱中症や脱水症状を引き起こしやすい体質になる?

汗をかきたくないという人眼や異性を期にした10代、20代の女性は多いと思いますが汗をかかないことで熱中症や脱水症状をひきおこす可能性があります。特にここ10年の夏場は異常な今まで経験したことのない暑さが年々記録的に続いています。冷房をつけて涼むのも勿論悪くは無いことなのですが、普段からそういった生活ばかりをしてしまい、夏の風物詩、花火や外のアクティビティに出かけた時に、汗をかく機能が低下し、水分補給もあまりおこなっていなかった結果から熱がこもり熱中症になる人も増えていますよね。

熱中症になる原因の一つとして汗をかけないというのがあります。汗を出すことにより熱を外に解放しているわけですが、普段から汗をかくことができない人はサウナスーツを着て軽い運動を毎日心がけてみると良いかもしれませんね。その際は小まめな水分補給も忘れずに。

サウナスーツは夏場よりも真冬に効果的なアイテム

サウナスーツはどちらかといえば夏場よりも真冬に向いたアイテムといえるでしょう。真冬の場合は、寒くて汗をかく以前に体が温まるまでに時間がかかりますし、汗をあまりかけないという人が多い気がします。体を温めるのが早い為、外を走りながら寒いという感覚がなくなるのはかなり大きいのではないでしょうか。

夏場の場合は場合によっては避けたほうが良い時もあるでしょう。ジム等一定の温度のところで使うのが良いかもしれませんね。

汗をかけば基礎代謝があがるは嘘?

これなんとも難しい質問ですが、汗をかけば痩せるという事は無いかと思います。基礎代謝は基本的に筋肉量できまるので、ただ単純にお風呂屋さんのサウナに入って汗をかけば痩せるという事は無いでしょう。一次的に水分が外に出て体重が減るという事は勿論あります。基礎代謝があがるということではないのですね。

ダイエットの効果をどこに求めるかもきちんと考えてほしいです。筋トレなどで基礎代謝をあげることもセットメニューで入れるのは当然です。サウナスーツで汗をかくことのダイエットとしての役割は美しく痩せるためで良いのではと。毛穴につまった汗はドロっとなんともいえない奴が出てきますが、まあデトックスがメインで良いのではと。あと、個人的にはむくみ解消に一役買ってくれると思うので、どちらかといえば体重を減らすというよりも、こういったデトックス効果のほうに期待をしておいたほうがよいかもしれません。

脂肪を燃焼させることと汗をかくことはイコールではありませんので筋肉トレーニングもかかさず行う事が大事ですよって話です。プロボクサーの減量でサウナスーツがもてはやされているのは一次的に既定の重量にもっていくためが大半の理由でしょう。しかし、基礎体力がボクサーはすごいのでサウナスーツを着て暑い状態でも一般人が行う以上の運動量をこなせるという点も注目したい点です。

例えばサウナスーツをきるのときないので、同じ運動量をこなせるのであればそれは着て行ったほうが良いと思います。体が合った待った方が筋肉もほぐれますし運動効果が期待できるから。ダイエットに関してはあくまでも間接的なことととらえておいたほうが無難でしょう。

ナビ

読者さんからのダイエット相談